真言宗・天台宗用、法衣と袈裟の製造販売「鈴木法衣店」のオンラインショップ

鈴木法衣店

商品名から検索

株式会社鈴木法衣店 WEB係

info@suzukihouiten.jp
※お問い合わせは、メールにてお願い致します。 また、真言宗・天台宗以外のご宗派に 関する問い合わせはご遠慮ください。

TEL 03-3841-0369
FAX 0120-66-5966
 
※お電話でのご注文の際は、ネットショップ特典の適用が出来ませんので、何卒ご了解ください。

東京店:
東京都台東区東上野6-8-8 
 

埼玉店:
埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台東1-15-7
 

大乗衣 だいじょうえ

 納衣七條(のうえしちじょう)から、右肩に懸ける横皮(おうひ)を除いた略式七條です。横皮を使うと、一人での着用が難しいため、本体だけを着用したのが略式のはじまりです。大乗衣という名称は、もともと天台宗のもので、真言宗では縁地の巾を細く仕立、地蔵袈裟と呼んでいたといわれています。台中も縁地も金欄金紗を用いた地蔵袈裟ともいえます。(当店では混乱をさけるため、縁地に金襴金紗または錦、台中は無地のものを地蔵袈裟としています)

大乗衣は、見た目が七條ように華やかで、着用が如法衣のように容易なことから、お檀家様のご葬儀や法事など広く用いられています。大乗衣には、七條の修多羅がそのまま付けられる用、結び紐を残しています。修多羅を用いない場合は、簡単に取り外しができます。

価格の違い。生地自体、織自体の価格の違いだけでなく、裏地に何の生地を使用するか、また金襴の金糸を本金にするしない、また柄を専用に織分けるかなど、さまざまな要素によって、それぞれ価格が設定されています。

 


34件の商品がございます。 1 2 3 次へ>>
  •  
ページ先頭へ