真言宗・天台宗用、法衣と袈裟の製造販売「鈴木法衣店」のオンラインショップ

鈴木法衣店

商品名から検索

株式会社鈴木法衣店 WEB係

info@suzukihouiten.jp
※お問い合わせは、メールにてお願い致します。 また、真言宗・天台宗以外のご宗派に 関する問い合わせはご遠慮ください。

TEL 03-3841-0369
FAX 0120-66-5966
 
※お電話でのご注文の際は、ネットショップ特典の適用が出来ませんので、何卒ご了解ください。

東京店:
東京都台東区東上野6-8-8 
 

埼玉店:
埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台東1-15-7
 

ようこそ鈴木法衣店へ

天台宗、真言宗の法衣・袈裟を販売する オンラインショップです

このWebサイトでは、仏教にまつわる様々な商品を取り揃えております。 お寺様はもちろん、一般のお客様にもお気軽にお買い求め頂けます。 他宗の お客様にもお使いいただける、日用品も各種ご用意しております。


ごあいさつ

当社は、真言宗・天台宗の法衣専門店として、今年で創業90年になりました。今日を迎えることができたのは、ひとえに多くのお客様に支えられてのことです。

当社の使命(ミッション)は

「仏教の継承とお寺の繁栄に必要とされる商品・サービス・情報の提供を行なう」

ことです。

今後更に、皆様のお役に立てることを我喜びとして、精進してまいりますので、ご指導の程宜しくお願い申し上げます。


人へのこだわり -環境整備について-

当社では、環境整備というものを実施しております。それは、お客様に喜んでもらえる仕事を、1つ1つ上司や社長に言われなくても、自分で考え、実行できる社員の集合体の会社にしたいと考えているからです。

環境整備の目指す目標は

  1. 礼儀 (あいさつ)
  2. 規律 (決めた事を守る)
  3. 清潔 (不要なものを捨てる・身を整える)
  4. 整理整頓 (物の置き方は、水平・垂直・面あわせ)
  5. 安全 (商品の安全・職場の安全)
  6. 衛生 (職場の衛生・身と心の衛生)

を徹底することです。

3、4名のチームを編成し、そのチームごとに毎月担当場所を決め、商品の棚にはホコリ一つなく、商品の面が一つ一つ揃って並ぶように。書類・資料・備品等の入っているキャビネットの中は整理整頓され、何がどこに保管されているか一目でわかるように。机のひき出しの中は、不要なものは一切なく、さびている箇所もピカピカに磨き上げる。等々を目指し、6年前から取り組んでおります。

このように、我々の身の回りを徹底的に磨き上げ、整備することで仕事の流れに無駄がなくなり、どうすれば、もっと仕事がしやすくできるかを考えることで創造性が身につくようになってゆきます。

最終的には、いままで気がつかなかった事に、気付ける人間になってゆくこと。それによって、お客様のことをまず第一に考え、どうすれば一番喜んでもらえるか、自分で行動できる人づくりを目指しています。もちろん現実は、日常の仕事を約1時間止めて、行なってゆく難しさ。ちょっと良くなって油断すると、すぐにレベルダウンしてしまう継続の難しさ。

そして、目標が高く遠くにあればある程、現実とのギャップに苦しむ事になるわけですが、お客様に「ありがとう」「お前の所にたのんで良かった」「○○君はよくやってくれる」と言っていただけるのを励みに、日々努力しております。


仕立へのこだわり -伝統を継承するのが、我らが使命-

いまどの業界でも、この時代を生きのびる為に、効率化、コスト削減が叫ばれています。
わが法衣業界も決して例外ではなく、いかに早く、安いコスト(仕立代)で仕立てる事が出来るかが取り組むべき、大きなテーマになっています。

その中心はミシン縫製と既製品化です。
確かに、着用する時の耐久性や、早く、今すぐ欲しいお客様への対応という点では、とても大切なことで、当社でも前向きに取り組み実施しております。

でも、やはり、基本は手縫い縫製です。 理由は2つあります。
1つは、当社の法衣に対する考えは「着ごこちの良いものを永くお使いいただく」ことです。その為にできるだけ、着用される方の体型に合せたオーダーメイドを原則としております。体にフィットすることは、着心地のよさは当然のことながら、法衣の耐久性を伸ばす大きな要素にもなります。更に「生地の良いもの」程、デリケートでミシン縫製に耐えられないものが多いので、生地にやさしい手縫いにこだわっているのです。

もう1つは、伝統の継承です。日本に伝わってから1300年以上仏教とともに継がれてきた、法衣の製法というバトンを次の世代へ渡すことが、当社の使命と考えております。当社専属の職人さんは現在100名程おりますが、今後高齢化が問題となるでしょう。そうなる前に、と考え、当社では職人さんを養成する学校を年に1~2回開きますが、卒業し、本格的な職人さんとして仕事ができるようになれる人は、10人に1人ぐらいです。

いまの日本で、針と糸を使って仕立をする職人さんを養成することは、容易なことではありません。ミシンで代用し、形だけを整えることは簡単で、仕立代も安く作ることができますが、法衣独特のこの縫製技術を我々の世代で消滅させたくないのです。 この伝統技術の継承も当社の使命と考え、こだわっています。


アフターサービスのこだわり -修理・クリーニングについて-

お買上げいただいた法衣を、できるだけ快適に永くお使いいただけるように、当社では、法衣のメンテナンスサービス(修理やクリーニング)をご提供(有料)しております。仕立職人の中でも、特に腕の良い職人をよりすぐり、この業界でもっとも早くから手がけ、お客様に喜んでいただいております。

七條等のお袈裟の裏が切れたものを、新しい裏に取り替えることで、大切な表生地のいたみ方は全く違ってきます。お衣等の衿の汗ジミなど、2年、3年とそのままにしておくと黒ずみ、しみ抜きでも取れなくなります。毎年、季節が終わる度にクリーニングされますと、衿元はいつでもきれいです。更に当社だけの、そして最もお客様に喜んでいただいておりますサービスは、お衣のくずれたヒダや折り目をきれいに直してお返しすることです。残念なことは、現在これらのご注文が殺到し多すぎて納期が2~3ヶ月かかってしまうことです。職人を増やし、スピード化を目指しておりますので、ご理解いただきたく存じます。

また、お時間さえいただければ、当社製品以外でも承っております。
ご遠慮なくお問合せください。

ページ先頭へ